2011年8月7日日曜日

出版社のウェブ化はどれが正解?

@voguejp「別冊付録は、2011秋冬Bag & Shoes 完全色図鑑536! 発売中のヴォーグジャパン9月号をチェックして。   」-8月3日-


少し前のツイートですが、気になったので。
9月号の宣伝ですが、リンク先はVOGUE.co.jpのトップページです。
こういう時出版社がやっているウェブサービスは難しいと感じますね。
現在、出版社がウェブに対してとる方法は大きく分けて4つに分けられます。


1-雑誌などの出版物単位でサイトを作りPRに特化した出版物PR型
2-雑誌の名前を冠したウェブ独自のコンテンツを主軸に運営するウェブメディア型
3-雑誌のコンテンツを短縮もしくは流用してウェブコンテンツにするハイブリッド型
4-会社ホームページに次号告知、バックナンバーなど無害な情報だけ掲載するガラパゴス型


サイトを運営する難易度で言えば一番簡単なのは4番目のガラパゴス型です。10年前とほとんど変わりませんが、最近ではfujisanamazonなどにリンクが張ってありオンライン販売に対応したくらいが進化でしょう。高年齢を対象とした雑誌が中心の老舗出版社に多いです。


一番難しいのはハイブリッド型です。コンテンツ流用をやればやるほど雑誌が売れなくなり、流用をしないとサイトが成り立たないというジレンマに陥ります。また、コンテンツの源流が紙の雑誌のため、紙が上流でウェブが下流という認識が編集部内でできてしまうのが密かな問題でしょう。優秀な人間がウェブに行かず、ウェブ編集部がなかば窓際のような扱いになってしまうことでさらなる悪循環が起きることもしばしばのようです。


どれが正解というわけではないので、どれを選ぶかは各社違うようですが現状ではガラパゴス型が比較的問題が少ないしょう。とは言っても、ウェブ対応が一番遅れているという最大の問題点が残るのでその場しのぎ感は否めないでしょう。


ちなみにVOGUEはウェブメディア型ですが、本誌との落差がすごいので本誌読者とは全く別の層が見ているのでしょうね。使い分けができている点はELLE ONLINEと同じです。紙とウェブを押さえられている珍しい媒体さんと言えます。素晴しいですね。
と言いたいのですが、この安泰に水を差す悩ましい問題が出てきます。
電子書籍です。
紙とウェブの中間という出版社が一番望んだ形が登場してきたのですが、これがまた紙ウェブ問題をややこしくしてしまいます。


これは長くなりそうなので、また違う機会に。



0 件のコメント:

コメントを投稿