2013年1月26日土曜日

アドセンスはいいよなぁ、のライセンス三陽商会が230名削減へ

三陽商会が25日、希望退職者を募集することを発表した。全従業員の1割以上に相当する230人程度を削減する方針で、退職予定日は6月30日。

http://www.fashionsnap.com/news/2013-01-25/sanyo-230/topics/ 

いわゆる2015年崖問題に向けて、矢継ぎ早に施策を打つ三陽商会ですがしっかりリストラも断行するなど好感が持てますね。230名のリストラが成功した場合、年間約15億円程度の人件費削減が可能となっております。株価も微妙にトレンド形成を始めているため市場では社内ほど悲観視はされていないようです、一応。

とはいえ、2007年に1430億円あった売上が2011年には1050億円と年100億円ずつ減っている計算になり今年は1000億円割れをするかが注目されている状態ですので、売上げの半分を稼ぐ最強のフンドシが反乱を起こしている状況は大変憂慮すべき問題なのは間違いありません。

気になるのはバーバリー問題を抱えつつも「PRINGLE 1815」と新ライセンスブランドを取得してまたもやライセンスビジネスを始める事です。
これを「自分の轍は自分で踏む」というもはや達観の域まで達したお家芸なのか、ただ単に成功体験を捨てきれないだけなのかはわかりませんが、ライセンス契約がブランド側の美味しい"お手伝い"と他ブランドにも舐められないように、15年問題はしっかりとした交渉が必要になってくるかと思います。

それにしても、単独で1700人弱、連結で1740人って正直従業員多すぎですね。今後、さらに希望退職者を募集したほうがいいかもしれません。

1 件のコメント:

  1. リストラで辞めさせられて行く人への思いやりの欠片もない文章ですね。

    返信削除