2013年2月2日土曜日

1/28-2/1の繊研新聞ざっと読み

みなさん繊研新聞ってご存知ですか?この業界紙受難の時代に、アパレル業界紙として日刊を続ける大変恐ろしい新聞です。発行は繊研新聞社。堅い社名とは裏腹に土日が休刊という甘えん坊な性格ですが、長年日本の繊維業界やアパレル業界に可愛がられてきた人気者です。

さて、そんな繊研新聞を業界外の人へお届けしたい気持ちのみで綴る"ざっと読み"。
目についた記事を紹介してみます。
ちなみに定期購読はなぁという人は、朝日新聞の販売所で買えるので気になった方はどうぞ。



【1/28付】

・販売・リテイリスト支援のページ ショップに生息する謎の生き物図鑑
暦の上では春の訪れはまだ先ですが、今年も全国で次々と目撃されるショップの珍獣たち。お客様とスタッフ、先輩と後輩スタッフの垣根が低くなったせいでしょうか?

販売員を「舌打ちスズメ」、「季節感なしヒグマ」、「せき止めビーバー」、「そこにいたのかカメレオン」、「すり抜けフェレット」、「ロープレ好きコアラ」、「言い逃れカバ」、「売り逃しトラ」、「レジでサル団子」、「キレイ好きナルシスト猫」、「物忘れニワトリ」、「デリカシー不足ペンギン」の12種に分けて解説。領収書の宛名をブランクにしてと言われてブランク様と書いてしまう販売員には会いたいですね。そもそもブランクでっていいますか?カラでとは良く聞きますが、この場合はKARAと書いてくれそうです。


【1/29付】

・西海岸で「フォーマル・フライデー」 シリコンバレーの起業グループが火付け役
米西海岸の若者の間で、「フォーマル・フライデー」の動きが始まっている。ゲームソフト会社や起業したばかりの若い会社を中心に、金曜日にボータイやネクタイを締めて出社するグループが出始めている。

IT起業家達が金曜日にスーツを着始めたようです。これまでは技術系=西海岸=カジュアル=スタンフォード出身というイメージでしたが、技術オンリー時代からマネジメント能力重視の時代になり、経営系=東海岸=スーツ=ハーバード出身というスタイルが西海岸に流れてきたのかもしれませんね。海外だけではなく国内でもこの流れは顕著で、IT起業家にマネジメント能力を問う投資家は非常に多くなってきています。



【1/30付】

・女性自身と連動しネット販売
光文社と伊藤忠ファッションシステムは、女性週刊誌「女性自身」と連動したインターネット販売事業「女性自身百貨店」をスタートさせた。

売るものは「女性ゆえに求めるモノ・コト・サービスに応える」美容関連商材とのことなので特ダネは売らないようです、残念。


【1/31付】
・マガシーク株取得へ NTTドコモ
NTTドコモは、伊藤忠商事の子会社でファッション商品のネット販売企業マガシークに資本参加する。

キノコどうした?というニュースですが、こちらはなかなか興味深い話ですね。アマゾンに、俺はなる!と語っているドコモですがアマゾンは「サイト(amazon)+端末」です。ちなみにアップルも「サイト(iTunes)+端末」ですのでドコモの「サイト+回線」というのはあまり例がありません。端末はほぼアンドロイドという状態なのでGoogleやサムスンなどを刺激したくなかったのかなと考えてしまいます。相変わらずリスクを取れない日本企業らしい微妙なニュースです。
個人的に気になるのは、野菜とアパレルの両立をユニクロの代わりにドコモが成し遂げたことでしょうか。オチは歴史に学べになるのかしっかり見届けましょう。


【2/1付】
・クロスカンパニー 今期、大幅増収増益へ連結売上高1000億円超
クロスカンパニーは、今期(14年1月期)、期間の「アースミュージック&エコロジー」(アース)をはじめ既存ブランドの国内外での拡大によって大幅な増収増益をめざす。並行して、日本と中国での物流機能を増強し、東南アジアでの生産を拡大するなど「新たな成長のための基盤整備」(石川康晴社長)も進める。

クロスカンパニーが好調のようです。1000億円を連結で狙えるところまできましたが、昨年末に買収したキャンが219億円上乗せする計画のため、本体以外にも買収先をどれだけ回せるかというのがポイントです。ちなみにトムブラウンは7億円(13年2月期見通し6億円)を予定。路面店も出来るのでこちらもどれほど伸びるのか見所です。ですが、見出しはなんとかならないもんですかね。これはちょっと誤解を招くタイトルだと思います。


とさくっときましたが如何だったでしょうか?今週もてんこもりの繊研でした。





0 件のコメント:

コメントを投稿