2013年2月11日月曜日

2/4-2/8の繊研新聞ざっと読み


みなさん繊研新聞ってご存知ですか?この業界紙受難の時代に、アパレル業界紙として日刊を続ける大変恐ろしい新聞です。発行は繊研新聞社。堅い社名とは裏腹に土日が休刊という甘えん坊な性格ですが、長年日本の繊維業界やアパレル業界に可愛がられてきた人気者です。

さて、そんな繊研新聞を業界外の人へお届けしたい気持ちのみで綴る"ざっと読み"。
目についた記事を紹介してみます。
ちなみに定期購読はなぁという人は、朝日新聞の販売所で買えるので気になった方はどうぞ。

ココまでいつもの感じです。
さて行ってみましょう。


【2/4】1月末に4百貨店閉鎖 中小規模でも2,3月も
中小規模の百貨店の閉鎖が続いている。1月31日、そごう呉店(広島県呉市)、西武沼津店(静岡県沼津市)、大丸新長田店(神戸市)、食品専門館の大丸ららぽーと横浜店の4店舗が閉鎖した。2月末には近鉄松下百貨店(山口県周南市)、3月末に浜屋百貨店大村店(長崎県大村市)も閉鎖する。日本百貨店協会によると、12年年間では新設が1店で、閉鎖が6店だった。12年末時点の店舗数は237店。

百貨店の閉鎖が加速してきています。ほとんどは、百貨店という名のスーパーだと思いますが地方での百貨店閉鎖はこれからも増えてくるのではないでしょうか。閉鎖に至る原因は、商圏が駅周辺からロードサイドに移行してしまったの一言に尽きるのではないでしょうか。また、専門店の集合体=SCなどが乱立する地方では百貨店というコンセプトが古いのかもしれませんね。申し訳程度に家電を置いている百貨店もありますが、誰に向けてあのスペースはあるんでしょうね。定価で買って「おまけにリモコンのアルカリ電池つけますね」、わー!お得!という情弱さんはそろそろいない気がします。


【2/5】ルクア今期売り上げ 355億円に上方修正 カード会員好調支える

JR西日本SC開発は、運営する「ルクア」(営業面積2万平方メートル)の今年度(13年3月期)の施設売上見込みを355億円に上方修正した。

梅田を総取りや!1月の単月で34億円達成、年間入館者数は3800万人弱、ルクアカードは23万人弱と立地の良さを生かした素晴らしい数字が並んでいます。グランフロントがオープンする事で相乗効果を見込み、数字もさらに増えることになりそうなのでしばらくはこの調子が続きそうです。


【2/6】スタイライフを完全子会社化へ 楽天

楽天は4日、スタイライフの普通株式と新株予約権すべてを対象に公開買い付けを行い、完全子会社化すると発表した。

グローバルなオポチュニティでベストプラクティスな買収だったんでしょうか。
マガシークがドコモ入り、スタイライフが楽天入りしたことで、ZOZOがインディペンデントな存在としてどう戦うのかが注目されます。マガシークはドコモポイント、スタイライフは楽天ポイントを実装した場合再度激しい価格競争が始まるかもしれません。



【2/7】【自社広告】繊研新聞の人材募集広告が変わりました

見本の広告で【交通】が目黒駅徒歩5分ですが、所在地が中央区日本と書いてあります。
※これは見本です。はわかりますが、もっとしっかりやりましょう。あと鮮明な見本を掲載希望です。



【2/8】
ウィゴー「ドゥニーム」30代狙い再構築 シャープなイメージ発信

ウィゴーはジーンズブランド「ドゥニーム」再強化を始めた。レプリカジーンズというイメージを払拭、スタイリッシュなデニムブランドとして、現在の主力顧客層である30代にブランドを再発信して休眠客を掘り起こし、卸売りも強化する。売り上げは今期(12年月期)約3億円で、来期は3億5000万円~4億円を目指す。

04年の売上げは10億円を超えていたので、三分の一以下に落ち込んでいたようですが、再びやる気を出すようです。この手のジーンズはなかなか厳しいですね。ドゥニームは、レプリカ系ブランドでしたが現在のトレンドであるモダナイズに乗り出すようです。

過去の本格志向→どれだけ本物を再現できるかの一点。旧織り機使用で隠しリベット等のディテール、縦落ち命、シルエットはそのまま、縮みまでも再現。進化とはつまり完全復刻。

現在の本格志向→歴史はあればいいが、とにかくシルエット重視。ディテール無視、色落ちは加工でとにかくシルエット。シューズとの相性や丈をいじるがとにかくシルエット。進化とはつまりモダナイズ。

でしょうか。多くのレプリカジーンズは生地やディテールは良かったのですが、シルエットがそのままというところが若者にウケませんでした。66モデルがシルエット重視というのが関の山でしたしね。
この話は長くなると思いますのでまた別の機会に。
ちなみにドゥニームは09年秋にウィゴーが事業を譲り受けて、リアルマッコイズの社長も加わってドゥニーム・ジャパンが設立されています。



0 件のコメント:

コメントを投稿