2013年2月15日金曜日

ドメスティックだと思っていたらそうじゃなかったセブンイレブン






 世界最大のブランドコンサルティング会社Interbrand(インターブランド)が、価値評価ランキング「日本の国内ブランドTOP30」2013年版を発表した。6位にランクインした「ユニクロ」のブランド価値は、グローバルブランドが対象のランキング「Best Global Brands」のトップ100位圏内に近いレベルまで上昇。最もブランド価値を増加させたのは、21位の「無印良品」でプラス38%になった。

via:http://www.fashionsnap.com/news/2013-02-14/japan-brand-top30-2013/


ファッション系ではユニクロや無印良品がランクインしました。
海外売上高比率が30%以下の国内ブランドということですが個人感とは随分違うなと思いました。

ちなみにどう見ても7位か11位までにはランクインするはずと思ってしまうセブンイレブンですが、実は年間売上6兆円の半分が国外からとなっているため除外されています。
15年度には売上げを10兆円にする目標で国内よりも国外からの売上げが大半を占める立派なグローバル企業になる予定です。国内で体力をつけて海外で展開していくという王道なやり方ですが、ハマったようです。小売業で海外勝負できる貴重なジャパンカンパニーのため、ユニクロはセブンイレブンの研究をしっかりしているのではないでしょうか。ちなみにセブンイレブン店舗数は11年12月末の時点で、国内約14,000店に対して国外約31,000店とすでに国外のほうが多くなっています。

"国内ブランド"と銘打っているだけあってNECから積水ハウス、はてはmobageまでザ・ドメスティックな会社が揃っているのでこちらと合わせてみると面白いです。

【日本のグローバル・ブランドTOP30】
http://interbrand.com/ja/knowledge/Japans-Best-Global-Brands/2013/2013-report.aspx

アパレル系だとアシックスが唯一入っています。こちらのほうが全体的に納得感が高いかなと思います。

それにしても13位のTokio Marineってなんだろう?と思ってググってみたら東京海上日動火災のことなんですね。正式名称はTokio Marine & Nichido Fire Insurance Companyで、日動の部分は英訳できず日本語の奥ゆかしさを表現したドメスティックらしい会社名です。

0 件のコメント:

コメントを投稿